Google は、黒人コミュニティのための人種的公平の促進に取り組んでいます。詳細をご覧ください。

Works with Nest(WWN)は、サードパーティのデベロッパーが Nest デバイスにアクセスし、制御するための独自の方法でした。Nest 製品と完全に統合されており、その状態を確認して変更できました。Works with Nest 接続は、Nest アプリで移行されていない Nest アカウントを持つユーザーでも、パートナーがサポートしている限り引き続き機能します。これらの統合はメンテナンス モードのままになります。

Works with Google Assistant(WWGA)を使用すると、接続されているすべての製品を Google アシスタントで操作できます。Google アシスタントを使って、Home アプリまたはアシスタント アプリで使用するアシスタント ルーティンを開発できます。また、新しいデバイス アクセス プログラムも開始しました。これにより、Smart Device Management(SDM)API を使用して、パートナーのアプリ、ソリューション、スマートホーム エコシステム内で Nest デバイスへのアクセス、操作、管理が可能になります。この新しいプログラムの詳細と利用方法については、デバイス アクセスのサイトをご覧ください。