Notice: We're retiring Works with Nest. See the home page for more information.
Google is committed to advancing racial equity for Black communities. See how.
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RESTの概要

RESTは、アドホックな1回限りの呼び出し、概念実証ラボ、トラブルシューティング、約1分ごとにポーリングするアプリ、更新ボタンの実装のために製品内で使用できる、軽量でステートレスなWebサービス標準です。

RESTインターフェースは、 Nest APIデータモデル URLをエンドポイントとして使用します。

RESTでは、APIデータモデルのパスにマップされたOAuthトークンがあります。各トークンは、単一のエンドユーザーに関連付けられています。トークンは、ユーザーが開発者にデータモデルのパスへのアクセスを許可したことを意味します。 Nest APIクラウドは、リクエストされたパスに対してトークンを評価し、エラーを送信するか、リクエストされた情報を送信します。

ユーザーが自宅に到着したときにガレージのドアが開くように、ユーザーが自宅の占有状況に関するステータス情報を提供したいとします。トークンは、構造のホーム&アウェイ状態を取得するために評価されます。

占有状態を常に最新の状態に保つために、REST呼び出しが毎分行われ、ホームまたは不在ステータスが判別される場合があります。 Nest APIはトークンを評価し、答えを返します。各呼び出しに応答して、情報が返され、TCP接続が閉じられます。呼び出しごとに新しいTCP接続が生成されます。

Nestの実装については、次の点に注意してください。

  • .JSONサフィックスはNest URLエンドポイントではオプションです
  • 製品は、ステータスコード307のリダイレクト処理する必要があります
  • データレート制限が製品に適用される場合があります

サポートされていません:

  • POST
  • DELETE
  • REST APIの優先度の記述
  • REST APIからサーバー値を書き込む
  • セキュリティルールの取得と更新

RESTとレート制限

Nestサービスの過剰利用を防ぐために、読み取り/書き込み呼び出しの数が制限されているトークンの数を制限します。

詳細については、「 データレート制限」を参照してください。

RESTとリダイレクト

RESTを使用する際のもう1つの考慮事項は、製品が307リダイレクトも処理する必要があることです。