Googleは、黒人コミュニティのための人種的衡平の促進に取り組んでいます。 方法をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

構造

構造

巣構造は、現実世界の物理的な構造を表しています。通常、ユーザーの家であり、デバイスの整理ポイントとして機能し、家全体に適用されるデータを格納します。

Nest APIは、付与された権限のレベルに応じて、次の構造レベルのデータへのアクセスを提供します。

  • 構造名とデバイスの「場所名」(自宅の場所)
  • 家庭内のデバイスのリスト
  • エネルギーイベントステータス( エネルギーラッシュアワー
  • 離れた状態
  • ユーザーETA
  • セキュリティ状態
  • 郵便番号

一部の構造レベルの機能は、個別のより詳細なAPIガイドでカバーされています。

構造権限

アクセスするには... 選択する...
structuresオブジェクトのほとんどのデータ値 アウェイETAエネルギー 、または郵便番号の許可
structuresオブジェクトのnameデータ値 構造の読み取り/書き込み権限

インタラクティブAPIリファレンスで権限の仕組みをご覧ください。

構造識別子

名前

構造の名前はデフォルトで「ホーム」になりますが、ユーザーが選択する任意の文字列にすることができます。 構造の読み取り/書き込み権限を選択すると、構造name変更できます。

どこ

wheresは構造体に設定されたオブジェクトであり、where識別子( where_idおよびname )をwhere_idます。 wheresを使用してカスタムのwhere名を作成するか、標準のwhere名にアクセスします。

wheresオブジェクトにアクセスするには、 CameraSmoke + CO Alarm 、またはThermostatの権限が必要です。

where_id

  • nameを表す、ネストによって生成された一意の識別子
  • where_idは読み取り専用で、カスタムwhere nameを作成する呼び出しで自動的に作成されます

name

  • デバイスの表示名。私たちが提供するリストからの任意の部屋名、またはカスタム名にすることができます
  • カスタムのwhere nameを作成するには、POST呼び出しを行って、新しいカスタムのwhere nameを記述します。 where_idは呼び出しで返されます
  • 考慮事項
    • 作成後にnameを編集または削除することはできません
    • nameは構造内で一意である必要があります
    • デバイスは、構造体にペアリングされている場合は、カスタムname 、デバイスに関連付けられているがからアクセス可能な/structures/パス
    • カスタム場所のnameを持つデバイスを別の構造に移動するには、デバイスのペアリングを解除してから、目的の名前でデバイスを再度ペアリングします

NestサーモスタットNest ProtectsNest Camsの名前の詳細をご覧ください。

その他のメタデータ

特に指定がない限り、すべてのデータ値は読み取り専用です。

データ値説明
structure_id この構造を一意に表す文字列。すべての開発者には同じ構造の異なるIDが表示されますが、同じ開発者の複数の製品には同じIDが表示されます
country_code 構造の登録された場所にマップするISO 3166-1 alpha-2国コード
postal_code 国に応じて郵便番号
time_zone 構造のタイムゾーンにマップするIANAタイムゾーン文字列

構造の特徴

煙とCOのアラーム状態

Smoke + CO読み取り許可を選択すると、 structuresオブジェクトのsmoke_alarm_stateおよびco_alarm_stateにアクセスできます。これらの同じデータ値は、デバイスオブジェクト( devices/smoke_co_alarms )でも使用できます。

これらの状態の詳細については、 Smoke + COアラームガイドを参照してください。

多くのデータ値が連携して、構造内でのデバイスの動作を決定します。

  • 構造の場合にはaway状態に設定されてaway言葉「ECO」は、ユーザの優先言語で、巣サーモスタット上に表示されます
  • 構造体のaway状態がawayに設定されaway場合、次のことができます。
    • fan_timer_active設定しfan_timer_active
    • target_temperature_fまたはtarget_temperature_c変更しtarget_temperature_f
  • 構造物のaway状態がhomeに設定されてhome場合、次のことができます。
    • ETA呼び出しを行う(旅行IDと到着ウィンドウを設定する)
  • 緊急 fan_timer_activeがアクティブな場合、 fan_timer_active設定できません
  • Emergency Heatが有効になっている場合、構造をaway設定することはできません

複数の構造

ユーザーがNestアカウントに複数の構造をアタッチしている可能性があるため、製品はユーザーが利用可能な構造から選択する手段(構造ピッカー)を提供する必要があります。

構造ピッカー

たとえば、ETAを設定する場合、ユーザーがETA宛先の構造を選択できることが重要です。同様に、ユーザーは2つの異なる家の「リビングルーム」に2つの煙探知器を設置することができます。独自の家の概念と構造相関を行う必要がある場合は、承認プロセス中に行うことをお勧めします。

ユーザーが複数の構造でデバイスを管理する方法を学びます。

デバイスの上限

Nestが構造内でサポートするデバイスの数には制限があります。

デバイスタイプ構造あたりの最大
Nestサーモスタット 20
Nestカメラ 10
Nest Protect 18

エラーメッセージ

API呼び出しエラーの意味とその処理方法については、「 エラーメッセージ」を参照してください。